(今度は)ドイツマダムの賢い暮らしを目指して

sanabasic.exblog.jp

旅行記 @観光編 オーストリア ウイーン


来た~ やっと来た~ウイーン!テンションMAX.
この日は 朝早く7半出発。
気温 8度 曇りのち晴れ

ウイーンなんと二日間 嵐だったそうな。
私達がプラハで雨だった頃、こちらも雨

ということで 絶好調のウイーンです。
朝は早いのは シェーンブルン宮殿 開館前に入れる得点
さすがツアー
しかも一般公開していないベルグルの間も観れる。



門から見たシェーンブルン宮殿
友達の一人が ここに来るのが夢だったのと言っていた。なんと嬉しい言葉だろ。


f0244343_16315739.jpg


広い。広すぎる。

f0244343_16315748.jpg


全体的に撮りきれない。

f0244343_16315769.jpg



この薄いクリーム色は マリア・テレジアが愛してやまない色だそう。
お玄関から品がいい。←お玄関というな。

そして ここ一般人にお部屋を貸しているそう。さすがです。
ですから 見れるのは少しのお部屋
と言っても凄いけども。

ここは マリアテレジアが夏の離宮として
フランスのベルサイユ宮殿より広いものをと作らせたものらしい。
詳しくは例のごとくお調べください。

城内は撮影禁止。
外はOK.

しかし、王宮にいくと カドッコに不思議な陶器でできた大きいい飾り棚みたいなのがあるんだけど
それが 暖炉で温めるまでに 1週間とかかかるらしく 裏でマキくべてるっ大変だよね。
で・・なぜ夏の離宮なのに暖炉?とは思うが。

ナポレオンの間もありました。
何故かゴブラン織りが部屋中かかってる。
ということで
マリアテレジアってその当時珍しい 恋愛結婚で
子供16人産んだってのもすごいね。
男子5人、女子11人
そのほとんどが 政略結婚させて ハプスブルグ家はノシテいったのね。

そして、最後のお部屋特別見せてもらった場所は
 なんとも自然な南国の絵が壁中描かれている場所でした。
あそこで 癒されていたんだろな~。

f0244343_16332484.jpg

裏手
f0244343_16332450.jpg
地下そうに見えて 遠くに見える門まで30分かかるらしい。

次はベルベデーレ宮殿・オーストリアギャラリー
f0244343_14555922.jpg
f0244343_14555935.jpg
f0244343_14563660.jpg
絵画は撮影できないところが多いので
気を付けないと 凄い形相で飛んでくる係員がいる。
酷いときには カードごと外して処分されるときもあるので
お気をつけて。

f0244343_1515477.jpg
お目当てはこちら
かなり大きな絵です。
撮影はできないのでポストカード買いました。

こちらグスタク・クリムトの接吻
他にもユディト等もありましたが

やはりこちら
金屏風の様に金箔
日本美術からの影響がみられます。
素晴らしい。


市庁舎前
f0244343_15305249.jpg
素晴らしい市庁舎
クリスマス市もたくさん。

王宮や国立歌劇場などが
小さい旧市街地に纏まっているので
ちょっと歩くとすぐに見つけらます。
石畳を歩くので 歩く靴がいいですね。
午後は 自由行動。

シシ・ミュージアムなどへ
エリザベト 通称シシ
この方 凄いダイエットの神様で
身長172、体重45キロから47キロ
ウエスト51センチ
すごいもんあります。
f0244343_1534138.jpg

すごく綺麗な人だけど
マリアテレジアとの確執もあり
かなりストイック。


取りあえず 続く・・・・


[PR]
by 5sana5 | 2015-12-19 15:44