(今度は)ドイツマダムの賢い暮らしを目指して

sanabasic.exblog.jp

旅行記 @観光編 プラハ


どうも体調が優れなくグズグズしていてすみません。
さてさて・・・徐々に本丸。

ということで この日は こののち大雨で大変でした。
やはり 旅行には天候が左右されます。

この日は徒歩で4時間30分の観光です。
気合いいれてかないと
と言っても友達の万歩計で17000歩というのがわかりました
50センチ歩幅として大体3キロですね。




さていつも思うのですが
ココがプラハ城です。
ん?お城ならのドイツのノイシュバンスタイン城を思い浮かびますが
実際 住んでるのはこんな感じですね。
中は観られませんでした。

f0244343_20404270.jpg
f0244343_14293340.jpg
こちらお隣にある聖イージー教会こちらの方が趣がある。
そして 何しろここにはミュシャのステンドグラスもあります。

f0244343_14284958.jpg
f0244343_14284967.jpg
こちら。
聖人2人の一生が描かれている。

f0244343_14293350.jpg
この絵を覚えておくようにと言われ
これは 王妃が
神父に懺悔をしているところが
左に描かれていて
右は 国王が王妃が何を懺悔したのか聞きだしているところ。
この聖人はそれを話すことはなく 拷問され
左側の後ろの方に橋があるのですが そこから突き落とされたという絵です。
これを少し踏まえておいて下さい。

f0244343_14311164.jpg
黄金の小路
f0244343_14311136.jpg
クリスマスのリースが綺麗。

そしてここ
有名なカレル橋

f0244343_1432923.jpg
ひぃえ~なんだかわかりませんね。すでにザーザー降りです。

そこで 絵葉書を
f0244343_1161227.jpg

これが良いお天気の時のカレル橋 
遠くの丘の方に見えるのが先ほどのプラハ城、聖ビート教会。
昔は 洪水による氾濫が多かったので
国王、その他要人はヒルに住んでいて
この橋を渡り 旧市街地へ入ります。
f0244343_1432939.jpg
全長300メートルほどです。

そして 先ほどの聖人が突き落とされた橋で

この方、5つ星がお顔の周りに・・・
詳しい事はお調べください。ぺこり。
5つ星と私達は呼んでいる。鑑ですね。
何気なく写してますが
ザーザー降り、もう早く脱出したい。
何故かというと ハンガリーのcafeジェルボ―で傘おいてきました。

早く買いたい・・・・ということで
旧市街地に入り 1000コルナ約500円で中国製の折り畳みを買う私。トほほ。
でも安心してください モンクレールかなりの防水です フードもあります。
お友達が傘シエアしてくれたし。

旧市街広場では ボヘミアングラスカッティング絵付け見学ありました。

もう この手の物を買う友達はいません。
素晴らしけどね。
f0244343_14331876.jpg
市民会館での昼食。
とてもそうは思えない。
中が相当素敵です。
f0244343_14331817.jpg

クリスマスの飾り綺麗です。

旧市街地と言うのは車が入れないので狭い区域ですが
歩きます。

午後は自由行動でしたが 雨が酷くて

取り敢えず
MUCHA 美術館へ
こちらでは ムハ美術館と言うそうです。
写真撮影禁止の小さい美術館です。

私は これとこれ購入
f0244343_1130024.jpg
f0244343_113008.jpg



場所に寄ってはユーロも使えますが やはり現地通貨の方が割安です。

あんまり寒いし疲れたので 地下鉄にてホテルへ帰りました。
地下鉄の切符は時間制になっていて キヨスクで買えます。
くれぐれも 遅くなったら乗らないようにといわれていたので 
もう5時くらいには乗って帰りました。

f0244343_1435197.jpg


こんな感じで綺麗。分かりやすいです、私たちはCラインです。
びっくりしたのは かなり長いエスカレーターなのに 高速です。
そして 東京の非常識のエスカレーターの立ち位置。世界レベルにいい加減合わせたら?と思う。

なんとも雨のプラハは残念でした。

では 次はチェスキーに寄りながらウイーンへ


[PR]
by 5sana5 | 2015-12-14 11:45